「服育」の提唱


    服育   服育   服育

      学校教育は、「知育」「徳育」「体育」の三育が柱であるとも言われています。

    健やかな身体を育む「体育」の一として「食育」が取り上げられ、「食」のあり方が重要であると再認識されるようになった事はご承知の通りです。

    そのような中、私どもは「生きる力」を育むという観点から、「衣服」も子供たちにとって非常に重要な意味を持っているのではないかと考えました。

    それは、子供たちだけに通じる常識としての服装、あるいは規則としての服装を見るのではなく、現代社会で普遍的に通じる良識としての服装があるのではないか?ということです。

    国際的にも通じる「服装マナーやセンス」ドレスシンク、オンとオフを切り替える「自由と規律」ドレスシンク、個と社会の関わりを考える「社会性」ドレスシンク、常に身に着けている衣服を通じて「環境問題の理解」アーシンク衣服を通じてできる「安全性の確保」ライフシンク等、子供たちに伝えなければならない事は多くあるのではないかと思います。衣服を通じて心と身体を育む「服育」を大蔵屋は提唱し実践します。